アメックスビジネスカードは個人事業主・フリーランスでも発行可能!


アメックスビジネスカードを自営業である個人事業主・フリーランスで作成できるのか不安な方も多いかもしれませんが、アメックスビジネスカードは個人事業主でも作れるのです!
ステータス重視のフリーランスの憧れとも言える「アメックスビジネスゴールド」も問題なく発行できます。

今回は、最高峰アメックスの「ビジネスカード」と個人事業主が発行する上での注意点やメリットなどなどをまとめていきます。
通常カードではなく「ビジネスカード」を選ぶポイントなども合わせてどうぞ!

SPONSORED LINK

アメックスビジネスの個人事業主の審査


アメックスビジネスカードを作れるのは以下に当てはまる方全員が対象になるので、実は意外と多くの人がアメックスビジネスカードを保有できる対象者であるのが隠れた特徴です。

  • 設立間もない法人
  • 個人事業主
  • フリーランス
  • 自由業
  • 副業を行うサラリーマン

アメックスビジネスカードには正式に法人や個人それぞれの「専用ページ」が用意されており、スモールビジネスを大切に思う企業の意思が伝わります。

アメックスビジネスカード審査基準は、スモールビジネスまでを考慮した独自審査制度に基づいて、設立直後の法人や個人事業主に対してもきちんと審査をしてくれますので安心して審査をお願いできます。

特に、設立したての場合はクレジットカードの審査すらしてもらえない事がある状況の中、アメックスビジネスはまさに頼れる一枚と言えます。

通常アメックスカードとアメックスビジネスカードの違いは?


個人がアメックスを選択する時に、通常アメックスとアメックスビジネスのどっちを選ぶべきか悩む方も多いと思います。
基本性能はもちろん最高峰アメックスですが、実際にはどのような違いがあるのかを知っておきましょう。

ビジネス向け特典が豊富

アメックスビジネスカードを選択するメリットには、ビジネス向けの特典が豊富に揃っている点は見逃せません。
例えば「通常アメックスゴールド」と「アメックスビジネスゴールド」を比較した場合、ビジネスカードのみの特典は以下のような物があります。

  • ビジネスセービング
  • ビジネス・コンサルティング・サービス
  • ビジネス情報サービス「ジー・サーチ」年会費無料
  • 「ビジネス情報調査代行サービス」年会費無料
  • 福利厚生プログラム「クラブオフ」
  • ヘルスケア無料電話健康相談
  • ビジネス・ダイニング by ぐるなび
  • ビジネス・カード会員様限定イベント
  • ミーティング・スクエア
  • アメックスJALオンライン
  • アメリカン・エキスプレス・トラベルデスク

ビジネスカードはやはりビジネスを行う人には嬉しいサービスや、いざという時にあると助けられるサービスが無料から揃っている点がフリーランスや個人事業主にとって大きな魅力です!

経費専用カードとして正式に利用できる!

個人と個人事業を分別しながらビジネスを行うのは中々大変ですので、クレジットカードをプライベートとビジネスで混ぜてしまっている方も少なくないと思います。が!実はそれはクレジットカードによっては利用規約に違反する行為です。

個人向けのクレジットカードでは明確にビジネス向けの経費払いはNGとなっている場合がほとんどです。

規約にはあっても、前述のように分別が曖昧なのも個人事業の悩みですよね。按分処理という概念が残るのもフリーランスならば当然です。なので、そこまで厳しい規約ではありませんが、こういった事実は覚えておきましょう。

アメックスビジネスを選択するのは、大きな経費でも堂々と利用でき、年会費だってもちろん経費に充当させる事が可能となります。
税務署もきちんとビジネスカードで分別している納税者の方が「しっかりやっている」という印象を覚えるでしょう。

クラウド会計の「freee」がアメリカンエキスプレス・ビジネスカードとAPI連携

アメックス・ビジネスカードでは、「クラウド会計freee」とAPI連携が可能になります。

利用明細を自動連携できるようになりますので、パスワードなどを預ける必要がなくより安全に自動仕訳や明細取込ができます。

スモールビジネスに集中できる環境を作る時には、クラウド会計はもはや必須です。こういった安全性の向上はとても魅力です。

対象のカードはアメックス・ビジネスカードです。

  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・ゴールド・カード
  • アメリカン・エキスプレス・ビジネス・プラチナ・カード

利用限度額は「一律の利用限度」を設けていない

アメックス・ビジネスカードでは、カードの種類によって限度額が変わるのではなく、利用者によって利用限度額が変動するという特徴があります。

つまり、例えばビジネスゴールドなら300万円までというような決まりはありませんので、100万円の人も1,000万円の人も存在します。

利用限度額を上げたい場合は、年収を上げたり、引き落とし日をしっかり支払いを済ませたり、クレジットヒストリーも重要ですね!

アメックスビジネスグリーンとゴールドの違いは?


アメックスビジネスカードのグリーンとゴールドで悩んだ場合は、断然ゴールドをおすすめします。

ちなみにグリーンとゴールドの大きな違いは以下です。

  • 年会費
  • 付帯保険
  • ゴールド特典
  • 圧倒的ステータス

ゴールドの方が付帯するサービスや特典が増加するのは当然です。
特筆すべきは、

  • ゴールド:海外旅行傷害保険:最高1億円(自動付帯)
  • グリーン:海外旅行傷害保険:最高5,000万円(利用付帯)

こういった旅行保険が決め手になる方がほとんどですね。
もちろんグリーンカードもアメックスビジネスの基本性能は全て兼ね備えています。

ステータスは圧倒的にゴールドカードが優位です

昨今になって審査が柔軟になってきたものの、アメックスゴールドは、クレジットカードのステータスの象徴のような存在です。

特にビジネスカードの場合は、接待や同席者への印象も左右しますから、年会費以上のリターンが期待できてしまうのです。

フリーランスや個人事業主だからこそ、アメックスビジネスゴールドを目標にしては如何でしょうか?

アメックスビジネスカードのまとめ

アメックスビジネスカードはやはりステータス重視派の最高峰と言える存在ですが、最後に少しだけポイントやコスパ重視派の方の為にポイントシステムについてです。

実はアメックスビジネスカードのポイントは超優秀な利便性を備えているのです。基本性能は100円=1Pとなり、なんと他サービスポイント等にも交換可能となっていて、その一例が以下です。

  • カードの利用代金充当
  • ヨドバシカメラ
  • 楽天ポイント
  • Tポイント

如何でしょうか?所有欲を存分に満たしてくれる個人事業主最強のビジネスカードと言えるかもしれませんね!

フリーランスがクレジットカードを選ぶときはコスパとステータスで大きく分かれる特徴があります。あなたはどっち派でしょうか??

アイラブフリーランス!

トップへ戻る