VIASO(ビアソ)カードの特徴!おすすめポイントは現金キャッシュバック還元!


三菱UFJニコスから発行される「VIASO(ビアソ)カード」は、一時は新規募集が中止されたのにも関わらず、その圧倒的な利便性から募集再開となったクレジットカードです。

VIASOカードの評価が高い理由は、VIASOポイントプログラムの利便性にあります。自動キャッシュバック還元システムは、現代のような多種多様なポイントに疲れている人には最適なポイントシステムになっています。

あっちのポイント、こっちのポイントと使い分ける事が煩雑になってしまうのが嫌な人にとって、このVIASOカードの優位性を改めて再認識できると思います!

SPONSORED LINK

VIASOカード還元率の特徴


VIASOカード」は三菱UFJニコスが発行する年会費が永年無料のクレジットカードです。

  • VIASOポイントは自動キャッシュバック(引き落とし口座に振り込まれる)
  • ネットショッピングポイント最大10%
  • ETC・携帯電話・プロバイダーポイント2倍
  • 海外旅行傷害保険サービス最高2,000万円
  • ETCカード年会費が永年無料(発行手数料1,000円税別)

VIASOポイント還元率は0.5%~1.0%

VIASOカードは、クレジットカード利用合計金額1,000円ごとにVIASOポイントが5ポイント貯まります。1ポイント=1円換算なので還元率は0.5%という事になります。

しかし、引き落とし需要の大きい「ETC・携帯電話・プロバイダー」だと2倍となって、還元率1.0%になります。

さらに、ネット通販の利用だと還元率最大10%となる高還元率のクレジットカードになります。

  • VIASOカードの基本還元率は0.5%
  • ETC・携帯電話・プロバイダー利用時の還元率は1.0%
  • ネット通販利用時の還元率は最大10%

一回で1000円未満の買い物が多ければ全部がポイントが付かないと勘違いしてしまう方もいるかもしれませんが、VIASOポイントの割り出しは毎月の合計金額から計算されるので安心です。

VIASOポイント2倍のETC・携帯電話・プロバイダーの特定加盟店

VIASOカードで利用時にポイントが2倍となる対象は以下になります。ETC利用の多い私のようなフリーランスには永年無料ETCでこの還元率はかなりお得感が大きいですね。

  • ETCマークのある全国の高速道路、一般有料道路の通行料金
  • 携帯電話・PHSのご利用料金(NTTドコモ、au、ソフトバンク、ワイモバイル)
  • インターネットプロバイダーのご利用料金(Yahoo! BB、@nifty、OCN、au one net、BIGLOBE、ODN)

VIASOポイントが最大10%のネットショッピング

VIASO eショップに掲載されているショップからVIASOカードで決済を行うだけで、通常ポイント(1,000円で5ポイント)に加えて、それぞれのショップに設定されたボーナスポイントが付与されます。

利用率の高い通販サイトの還元率をピックアップすると現時点での還元率は以下のようになっています。

VIASOeショップ還元率
ショップ名 ボーナスポイント 合計ポイント
Amazon.co.jp +0.5% 1.0%
楽天市場 +1.0% 1.5%
Yahoo!ショッピング +1.0% 1.5%
ポンパレモール +1.0% 1.5%
セブンネットショッピング +1.0% 1.5%
ヤマダモール +1.0% 1.5%
ベルメゾンネット +1.0% 1.5%
LOHACO +2.0% 2.5%
ニッセン +2.0% 2.5%
イオンショップ +2.0% 2.5%

例えば楽天カードを利用している場合は、楽天以外の通販ショップを利用しても恩恵がありませんが、VIASOカードならば、どこの通販ショップで利用しても高還元率にできるのが特徴です。
ショップ数も400件近く存在していて「総合通販・家電・本・音楽・グルメ・ファッション・生活・美容・旅行・ベビー・キッズ・趣味・クーポン」と多岐に渡っています。
NICOS VIASOeSHOP – トップ

普段利用しているショップだけでなく、旅行などの高額なショップも存在するのは嬉しいですね。

VIASOカード自動キャッシュバックの特徴とメリット


VIASOカードを使って貯められるポイントがVIASOポイントですが、他のポイントのように商品交換などに使うのではなく、なんと自動でそのポイント分を現金でキャッシュバックしてくれるシステムになっています。

これは、最近増えすぎる電子マネーやポイントに疲れている人にとってはかなりのメリットですよね!

  • 入会月を基準に1年間ごと
  • ポイント換金率は1ポイント=1円
  • キャッシュバック先は引き落とし口座

月々のVIASOカードのシミュレーション

利用場所 利用金額 ポイント倍率 ポイント数
街でショッピング 15,000円 通常ポイント 75ポイント
ETCカード 4,000円 ポイント2倍 40ポイント
携帯電話 8,000円 ポイント2倍 80ポイント
プロバイダー料金 4,000円 ポイント2倍 40ポイント
ネットショッピング 15,000円 VIASO eショップ5%店舗の場合 825ポイント
(75ポイント+750ボーナス)

合計:46,000円(1,060ポイント)

このぐらいの利用方法でも毎月1060ポイント(1,060円分)のポイントが貯まってしまいます。さらに1年間で考えると、12,720ポイントになるので、毎年12,720円のお小遣いが返ってくると考えると、VIASOカードの還元率は評判通りの結果だと思います!

VIASOカードの付帯保険は?


VIASOカードは年会費無料のクレジットカードですが、海外旅行保険などの各種保険が付帯しています。

海外旅行傷害保険サービス最高2,000万円

VIASOカードの海外旅行保険は利用付帯なので、旅行代金などの支払いにVIASOカードを利用いている事が条件です。旅先での怪我だけでなく、携行品破損や損害賠償や盗難などにも対応しています。

保険内容 保険金額
死亡・後遺障害 最高2,000万円
傷害治療 最高100万円
疾病治療 最高100万円
救援者費用 最高100万円
賠償費用 最高2,000万円
携行品損害 最高20万円 / 免責3,000円

ビアソカードで購入品のショッピング保険

VIASOカードを利用して購入した商品には、ショッピング保険が付帯します。年間限度額は100万で、購入日から90日間補償されます。

海外旅行での利用も含まれるので、海外旅行保険と合わせて考えると、旅行中への補償が手厚くなっている事がわかります。

一方で国内での利用は、リボ払いか分割払いの利用が必要になっています。そこで活用したいのが「楽Pay」です。

楽Payとは、自動リボ払いサービスの名称なのですが設定金額が5,000円~100,000円まで自由に設定できるので、最高の10万円に設定しておけば、毎月の利用金額が10万円以下であれば一括払いとまったく同じように利用できます。リボ手数料もかかりません。

ビアソカードが不正利用された場合

万が一ネット上での不正利用があった場合は「NICOSネットセーフティサービス」という補償サービスが付いています。昨今のクレジットカードにはほとんどの場合ついているサービスなので、目新しさはないものの、クレジットカードの利用で一番お世話になる可能性の高い補償なので、きちんと付帯してくれているのは利用者として安心ですね。

もしもビアソカードの紛失や盗難があってからの不正利用だとしてもきちんと補償されます。

ラブライバークレジットカードが登場

スクールアイドルプロジェクト「ラブライブ!」の券面クレジットカードはVIASOカードの大きな特徴として一躍有名になりました。

ラブライバーが待望していた券面デザインは、TVアニメ2期のオープニングの衣装を着たメンバー9人が華やかに麗しく寄り添う、VIASOカード限定の描き下ろしイラストとなっています。

VIASOカードの注意したい特徴とデメリット

自動キャッシュバックのポイントは1年間で1,000ポイント以上貯まっている場合のみ有効になっています。これは、1,000ポイント未満の場合は消滅してしまうという意味なので、1年間に引き落とし設定もせず、利用もせず、ネットショッピングもしないというライフスタイルの場合には注意が必要です。

VIASOポイント2倍のETC・携帯電話・プロバイダーの特定加盟店の利用ならば、年間10万円の利用で1,000ポイントです。

通常還元率だけでなく、特定加盟店の利用とネットショッピングでの利用があれば、1,000ポイントは決して高くないハードルですが、1年間という部分に注意したい所ですね。

VIASOカードまとめ

VIASOカードは年間利用金額が一定以上あれば、全て現金でキャッシュバックされる、ネットショッピングと親和性の高い高還元クレジットカードです。

もっともおすすめしたいのは、色々なポイント集めに疲れてしまった私のような人や、ネットショッピング利用率の高いライフスタイルの人にはマッチする内容になっています。

普段の引き落としにも特典加盟店制度が活用できますが、急な海外旅行にも頼れる万能な一面も兼ね備えているのが嬉しいですね。

ポイントを使わずに消滅させるのが得意な人には是非VIASOカードの検討をおすすめします!

アイラブフリーランス!

トップへ戻る