フリーランスが選んだクレジットカードのおすすめポイントをまとめ!


フリーランスや個人事業主にとっては個人用クレジットカードと事業用クレジットカードを用意する事は必須だと思いますが、ポイントが貯まりやすいクレジットカードだけでなく、ステータス重視のクレジットカードなど、多くの個人事業主からおすすめされるクレジットカードを調査してみました。

今回は嗜好やタイプ別からフリーランスの業種にも注目しながら、人気でおすすめのクレジットカードを見てみましょう。

SPONSORED LINK

ポイント重視でおすすめのクレジットカード

まずは、フリーランスの中でもポイント重視でクレジットカードを検討している方々に人気のカードです。「ポイントが貯めやすく、使いやすい」という利便性と年会費等のコスパから人気のカードが選ばれている印象ですね。

楽天カードを選択する人


やっぱり根強い楽天カードは、間違いなく人気カードの一つです。とにかく貯まるポイントも魅力ですが、そのポイントの使い道の広さが最大の武器だと思います。楽天ポイントなら事業で必要になる物も何でも揃うのが魅力と言えますね。

楽天カードを事業用のクレジットカードにする人に多い職種では「WEB系・IT系」が多いようです。普段からネットで情報収集をしている猛者が選ぶカードとなると好印象です。

次いで「デザイン系」の職種の方々にも選ばれているようです。デザイン系というと楽天の文字に文句を言いそうな勝手なイメージがありましたが、そんなことはまったくなくおすすめされています。

エポスカードを選択する人


私が勝手におしゃれな人しか持っていないと思っていたエポスカードは、発行してみると最強の優待特典が満載のクレジットカードだと判明しました。

優待が受けられる場所は7000店舗以上。圧巻です。一部紹介すると、「ロイヤルホスト・モンテローザ系列全店・アパホテル・楽天トラベル・じゃらん・エクスペディア・JTB・BIG ECHO・カラオケ館・・・」などなど。とても書ききれません。さらに、ポイントも「Amazon・楽天・Yahoo!などなど」で2倍から最大30倍を常時行っています。

エポスカードを選択するフリーランスに多い職種では「アパレル系・デザイン系」が多いようです。

次いで注目したいのは「海外旅行をよく渡航する個人事業主」にも強くおすすめされています。これはカードの付帯性能を見れば納得の内容と言えます。

リクルートカードを選択する人


リクルートカードは年会費無料だと1.2%ですが、年会費2,000円のリクルートカードプラスになると常時2%という高還元カードになります。さらに、リクルートサービスだとさらに3%まで上乗せされて最大5%が常時付与されるのはかなりスゴイですね。

ポイント還元率1.2%~という高還元率が魅力ですが、そのポイントはどこで使えるのか知らない人も多いのではないでしょうか?
「じゃらんnet・ポンパレモール・ポンパレ・HOTPEPPERグルメ・HotPepper Beauty・・・」などなど、他の提携先も、もちろんありますがメインはリクルート系サービス全般で利用できます。

最終ポイント獲得日から1年がリクルートポイントの有効期限なので、フリーランスが事業用口座の引き落としに設定している場合には実質無期限になります。

ステータス重視でおすすめのクレジットカード

個人事業主やフリーランスにとって、実績の証にもなるのは間違いなくビジネスカードです。フリーランスや個人事業から社員数数名程度の小規模事業のビジネス用クレジットカードを比較してみましょう。ステータス性能重視の方に人気のクレジットカードは一味違います。

三井住友ビジネスカード for Ownersを選択する人

日本最古のクレジットカードを発行をした信頼と実績の三井住友です。セキュリティ面や信頼度は日本トップクラスですよね。そんな三井住友が発行する、個人事業主でも発行できるビジネスカードがfor Ownersです。

クラシックカードは実質年会費無料、ゴールドは半額といった割引も用意されているので、多くのフリーランスから支持されています。さらにプラチナカードの発行も開始され、さらなるステータスを求めるフリーランスにも満足できるラインナップになっています。券面もどこで使っても堂々としたデザインなので、所有欲も満たしてくれますね。

利用者の方では、安定的な収入を確保した法人手前の個人事業者が多い印象でした!

オリコ EX Gold for Bizを選択する人

多くのフリーランスからおすすめされているのは、あのオリコカードが発行するビジネスゴールドカードの「オリコ EX Gold for Biz」です。個人事業主・法人に対応しており、手厚い保証はもちろんなのですが・・・その圧倒的な魅力の一つに、ゴールドとは思えない破格の年会費にあります。

なんと、「初年度無料 次年度以降2,000円(税別)」で持つことができます。さらに個人事業主が必見の特典として「クラウド会計ソフトfreee」が特別価格で利用できるサービスなどの特典も充実しています。

フリーランスにとって本当に嬉しいビジネスサポートが全て揃っている上に、iDやQUICPayといった電子マネー内蔵サービス対応等の利便性も兼ね備えています。本当に使いやすい一枚になっていると思います。

利用者には、スマートなビジネススタイルの方々が多い印象でした!

セゾンプラチナ・ビジネス・アメリカンエキスプレスを選択する人

セゾン発行の法人・個人事業主向けセゾンプラチナビジネスアメリカンです。ゴールド以上のステータスを備えたプラチナカードになっているので、ビジネスにもステータス性を求める方におすすめです。

もちろんプラチナカードのサービスや特典は網羅しており、優待サービスは一流の待遇が付いています。執事・コンシェルジュサービスでビジネスの効率化を測り、さらなる事業拡大にも貢献してくれる一枚です。

コンシェルジュに「ちょっと○○行きの新幹線チケット取っておいて!」と言えば「自宅まで無料で配送」してくれます。レストランのピックアップからギフトの選定まで。最高の一枚ですよコレ。

利用者には、最高峰のビジネスカードとステータスを求めるリッチな方が多い印象でした!

楽天プレミアムカードを選択する人


楽天カードの最高峰クレジットカードとして登場した楽天プレミアカードは、お得すぎるプレミアカードです。プレミアカードを契約した方限定で、付帯サービスの一環で個人事業主用の「楽天ビジネスカード」も発行できるのです!

もちろん、カード毎に引き落とし口座を別にする事もできるので、完全事業向けカードとして切り替わられるのですよね。ちなみに、還元率が高い楽天ポイントは当然付与されますが、ビジネスカードを利用しても個人カードの方にポイントが合算します・・・!

年会費は個人用の楽天プレミアムカードが10,800円、法人用のビジネスカードは2,160円。2枚合計で年間12,960円ですが、それ以上の価値がある事はおわかり頂けると思います!

フリーランスのクレジットカード審査


やはり、フリーランスで苦労される事の多いクレジットカードの審査です。フリーランスになった後に申し込むと思わぬ審査結果に落胆するケースも多いです。

フリーランスになる準備期間のうちにクレジットカードを作成しておくべきという情報も多いですが、希望のクレジットカードの審査が通らない!という場合には審査が柔軟なカードを探している場合には「楽天カード」をまず検討したいですね。

こういう時につくづく会社員の安定収入の強さを実感せざるを得ないですね。

屋号付き口座と同時にVISAデビットが作成する裏技

フリーランスの場合には、個人用口座と事業用口座、個人用クレジットカードと事業用クレジットカード、というように仕事とプライベートをきちんとわけておかないと経理がめちゃくちゃになってしまいます。

そうなると確定申告で泣く事になりますが、個人事業主ならば「ジャパンネット銀行 」の口座を開設すれば、一発で全部揃ってしまう裏技があります。

  • 屋号付き口座が持てる
  • キャッシュカードは最初からVISAデビット付き(永年無料)

これってつまり、事業用口座と事業用クレジットカード(しかもVISA)が同時に揃うって事なんですよ。ただし、通常のクレジットカード審査がない変わりに口座開設の審査があります。

でも、クレジットカードの審査は安定的な収入が求められますが、口座開設の審査には事業がきちんと行われているかの審査になります。日の浅いフリーランスにも嬉しいポイントですよ。

フリーランスのクレジットカードまとめ

やっぱりフリーランスの方がおすすめするクレジットカードはポイント派ステータス派にわかれる結果になりました。ビジネスのステップアップにより、ステータス性がほしい方にはゴールド・プラチナというビジネスカードが人気ですね。

よくポイントの還元率ばかりに目が行きますが、生涯そのポイント差はどの程度なのか計算してみると意外な結果かもしれませんので、自分が気に入って使えるクレジットカードに巡り合う方が重要だったりします。

フリーランスの方はクレジットカードのポイントなどに興味を奪われずに、自分の本業を伸ばすことに時間を割くべきですし、知らない間に貯まってたポイントでプチ贅沢が理想です!

あなたにマッチした最高のクレジットカードに出会って下さい!

アイラブフリーランス!

スポンサーリンク
トップへ戻る