デビットカードの節約効果!家計簿にもなる普段使いにおすすめ!


生活の中にデビットカードという物がずいぶんと浸透してきましたよね。でもイメージとしては「本物のクレジットカードを作れない人が持つんでしょ?」みたいな偏見が多いようです。

でも実際は、ゴールドカードを捨ててデビットカードにした人も知っていますし、お金にスマートでシビアな人から選ばれるのがデビットです!

普段使いのクレジットカードを使いすぎてしまう癖がある人にはデビットカードの節約効果に是非注目してもらいたいですね。

SPONSORED LINK

デビットカードの仕組み

デビットカードの限度額は口座に入っている金額です。
100万円入っているならば、限度額100万円のクレジットカードを手にしたのと同等の効果があります。
デビットカードの種類によってはWEB上で好きな限度額を設定できる物も増えてきました!

デビットカードの引き落とし日は即時です。
ネットショッピングなどでポチった瞬間に引き落としのメールがきて、口座残高が減るので将来への負債になることが決してありません。
極稀に時間差のあるショップもありますが、そのショップがカード手続きを完了すれば引き落とされます。

デビットカードは加盟店のほとんどでクレジットカードとして利用できます。
クレジットカードが使えるショップではデビットカードも使えます。
VISAデビットならはVISA加盟店のほぼ全てで利用できると思っていても大丈夫です。
有効期限やセキュリティコードなど、使い勝手はまったく同じなので、普段クレジットカードを利用する感覚のままデビットカードを利用することができます。

デビットカードの節約効果

デビットカードで節約できるのは、クレジットのように金銭のやりとりが即時行われるので、お金を払っている感じがしっかり残ることなんですよ。
口座残高が減ってくれば、また入金しないといけないからちょっと節約しようとも思えるわけです。

デビットカードの心理的効果が節約になる

クレジットカードの場合は使った日と払う日まで日数があるので、次の給料を計算に入れて利用するなんて事ができてしまいます。
クレジットカードの限度額が自分の使っちゃっても良い金額と錯覚してしまうような事もありません。
現時点で口座に入っていないお金でショッピングできないんですから、なんとなく購入前に「これは、我慢しよう」という心理が芽生えます。

毎月のお小遣いをデビットカードの口座に入金して、その枠で生活すれば節約できるね

デビットの明細が家計簿になるので節約になる

デビットカードのメリットに買い物の記録が残ることがあります。もちろんクレジットカードでは当たり前なんですが。
家計簿をつけて節約・貯金をするというのは有名な話なんですが、実際自分の利用明細を見ると無駄が多いことに気付いたりして節約効果を実感します。
現金生活でレシートを整理するなんて面倒なことはできない人でも、デビットカードなら実現できます。
それに現金感覚で使えるのにクレジットのように支払いができるので会計もスピーディでスマートに終わらせることができます。

口座残高を見ながらデビットカード利用日もわかるから便利だね

デビットカードは予算が決められる

クレジットカードは自分で「今月はもう使わないようにしよう」という管理をしないと確定日までいくら使っているのかわからなくなるケースも多いです。
でもデビットカードは「今月は3万円まで入金しておこう」と最初に予算を自分で設定できますので節約の目標達成が容易です。
そしてオンラインで残高照会をすればいつでも自分のお金の状況を把握できるというわけです。
自分のことだけでなく、旦那さんのお小遣いや、子供のお小遣いにデビットカードを導入するのも便利かもしれません。

デビットカードは15歳~16歳から作ることができるよ

ATMの手数料が減って節約になる

手元の現金がなくなったらATMで少しづつ下ろすという人に、お金が貯まる人はいないと聞いたことがあります。
それはATM手数料の100円~200円ほどの塵も積もれば山となる効果で、お金が貯まらない人は年間で30回以上ATMの手数料を払っていると言われています。
デビットカードならある程度入金しておけばATMに行く時間まで節約できて、自分の予算まで管理できてしまいます。

デビットカードの場合はATMから出金するのではなく入金する事で威力を発揮するよ

おすすめのデビットカードは?

デビットカードも最近では種類が増えてきていますので選ぶ楽しみもありますね。基本的には自分のメインバンクがデビットカードを発行していれば作った方が良さそうに思いますが…

ちょっと待った!

メインバンクはある程度残高がありますよね?それが全て限度額となってしまうと万が一の使いすぎもできてしまいます。つまり、デビットカードはサブ口座を用意した方が良い場合も多いです。

ネットバンクのデビットカード

ネットバンクは店舗がないので、手数料や金利が優遇されていますし、提携ATMが多いのも魅力なんですよね。

そんな中でも通常のクレジットカードのポイント還元率と同等のデビットカードは楽天銀行JCBブランドです!どこで使ってもポイント還元率1.0%というモンスター級。

同じ楽天銀行でもVISAデビットの方だとポイント還元率は0.2%なので、その威力がよくわかると思います。

まとめ

デビットカードならお金の管理が手軽にできることから節約効果が高く誰にでもおすすめできるカードです。
最近では増え続けて面倒な電子マネーもやめて徹底的にデビットカードに集約して一本化することも便利に活用できる裏技ですね。

唯一のデメリットだったはずの「クレジットカードよりもポイント還元率が低い問題」もなくなりつつありますので本当におすすめです!各社の今後に期待しましょう。

アイラブフリーランス!

スポンサーリンク
トップへ戻る