クレジットカードのサインは漢字かローマ字か?海外ではどうする?


クレジットカードを作って悩むのはカード裏面に署名するサインですよね?最も主流なのは漢字フルネームだと言いますが、本当にそれでいいのかと疑問に思ったことはありますよね。

実は、漢字のサインのメリットやローマ字のサインのメリットもありますので「超絶かっこいい筆記体だぜ!」と思っている人も、これからのクレジットカードのサインをどうするべきかを徹底的に考えてみましょう。

クレジットカードのサインはかっこいいかカワイイかも持ち歩く身としては重要ですが、もっともっと重要な要素がありそうです。

SPONSORED LINK

クレジットカードの正しいサイン

クレジットカードのサインに正しいも間違いもありません。日本人だからこそ漢字かローマ字で悩んだりしますが、英語圏の人にはそんな悩みはありませんよね?

結局のところサインは何を書いてもOKだって事です。

クレジットカードで使われる主なサインと、使ってもいいのに見たことのないサインは以下です。

  • 漢字
  • ローマ字
  • ひらがな
  • カタカナ
  • 記号
  • 絵みたいな物

クレジットカードのサインに記号も使ってOKです。ただし、クレジットカード会社の規約に署名の規約がある場合は従わないとダメですが、ほとんどのクレジットカードで利用できます。

クレジットカードのサイン(署名)に書き方見本

はい。というわけでクレジットカードのサインには色々な文字が使用できる事がわかりました。仕上がりが気になる所ですね。実際にクレジットカードにサインをした見本でそれぞれの雰囲気を見ていきましょう。

クレジットカードサインの漢字見本

クレジットカードサインの漢字見本
漢字はやはり見慣れている事もあって、しっくりきます。でも、何でしょうね。日本語の名前を書くと、「私こういう者です感」がパネェですね。

クレジットカードサインのひらがな見本

クレジットカードサインのひらがな見本
ひらがなの子供っぽさは絶対に消せません。「僕ぅ。お父さんのクレジットカードでしゅか?」と店員さんに言われてしまう事は絶対にないでしょうけど、名前とひらがなは普通の大人には厳しい印象ですね。

クレジットカードサインのカタカナ見本

クレジットカードサインのカタカナ見本
悪くはありませんが「私日本ニキテ、ゴネンアルヨ感」が尋常じゃありません。とは言ってもサクっと書けそうなので意外と実用的なサインなのでは?と思っています。

クレジットカードサインのローマ字見本

クレジットカードサインのローマ字見本
一気におしゃれになってしまう英語表記のマジックのおかげでかなり印象が良くなってきました。どこで使っても恥ずかしくないという印象もあります。ローマ字はやっぱり悪くないですね。

クレジットカードサインの筆記体見本

クレジットカードサインの筆記体見本
これぞ「Theサイン」という風格。もはや一般的な日本人には一瞬で読めない事で、心の声から「おぉ」を引き出せるはず。かっこいいサインだと思います。

クレジットカードサインの記号見本

クレジットカードサインの記号見本
ん!このカードは偽物か!」と相手に思わせる威力すら感じます。はっきり言って、このサインをクレジットカード会社から指導されても文句は言えなさそうですが、サインとしてはOKなのです。かわいい(棒)

クレジットカードサインの絵見本

クレジットカードサインの絵見本
絵。というか「えっ?」。この絵をもう一度書けるんだな?本当に再現できるんだな?と言いたい事は沢山ありますが、そもそもまず枠に収まっていません。派手に却下ですね。

クレジットカードのサインの目的

そもそもクレジットカードを利用してサインを記入する目的は何でしょう?それは、カード裏面サインとの照合での本人確認と、この金額でこの利用をしましたという承認の2つあります。全ては「私が確かにこの買い物を行ったのです」という確認作業ということですね。

本人確認できるならどんなサインでもいい?

はい。大丈夫です。棒一本でもこれが私のサインだ!とするならばOKですが、単純なサインにはもちろん落とし穴もあります。カードを落として悪用される時に真似しやすいサインだとリスクがありますね。そのことから、漢字のフルネームが日本ではよしとされた理由ではないでしょうか?

漢字のサインは防犯対策になる?

はい。なります。と言ってもかなり狭い範囲でのお話になりますが、主に海外での偽造に困難な文字ということで悪用されにくかったりします。外人さんに漢字はかなり難しい文字なのも事実ですね。海外で利用が多い人は漢字にしておく事で多少の防犯効果があると言えます。

個性的なサインのデメリット

図形や自分にしかわからないようなサインの場合、怪しまれるというおまけが常に付いてきます。「すみませんが、お客様・・・」なんて混んでいるレジで言われたらちょっと恥ずかしいものです。やっぱりサインとは署名なのです。署名とは名前が基本です。名前だとわかるような記述がいいのかもしれません。

クレジットカードにおすすめのサイン

スラスラっと書けてちょっと複雑で、おしゃれなサインなら自己満足度も上がりそうですね。ということは、やっぱり筆記体が人気でしょうか?
sign

でもサインの為にわざわざ筆記体を練習して、いざ本番で間違えるなんていう失態だけは避けてくださいね。実際にいるみたいです。まるで他人みたいになっちゃうおっちょこちょいな人。

クレジットカードがサインレスになる日

最近ではパスワードや暗証番号の入力でカード決済が終了する店舗も増えていますので、今後はサインをする機会もどんどん減ると思います。実際にICチップ内臓のクレジットカードが主流になって紙とペンからの離脱がクレジットカード業界にも押し寄せていますね。利用者としては、効率化もいいですがセキュリティの強化が一番期待したい部分ですよね。

クレジットカードのサイン変更方法

すでに利用中のカードのサインを変更することはできませんが、どうしてもすぐに変更したい場合にはカードの再発行しかないでしょう。クレジットカードの再発行は有料の会社も多いので、次回更新時に変更するのが現実的ですね。無理に擦って消そうなんて考えないで下さいね。とっても汚いカードになってしまいますよ!

まとめ

世の中はグローバル化が進んでいますので、自分のクレジットカードのサインも漢字から英語に変更しようかな?なんて考えている人も多いと思いますが、結局はなんでもOKです。漢字が使えない国があるわけもなく、自分のサインの証明という役割が果たせればいいのです。

ただし、クレジットカードのサインだけはシンプルイズベストはちょっとリスクが高いので控えようという内容でした。

アイラブフリーランス!

スポンサーリンク
トップへ戻る