フリーランスが屋号付き事業用口座を作るならおすすめはネットバンクに決まってる!


フリーランスになったらまず事業用口座を作ろう!って耳にタコができるほど聞くと思うけど、結局どこで口座を作ればいいのだろう?という疑問がありますよね。

実は、とりあえず適当に口座を選んでしまうと後々ちょっと面倒になったりします。

フリーランスになると「振込先はどちらですか?」とか「請求書に口座を記入」って事が増えるから、個人事業主としてちゃんとしてますアピールをしておかないといけない部分なんですよ。

もちろん最初は個人名義の口座だけで独立してしまう人もいるけど、次のお仕事に繋げたり、信用を得るにはちゃんとした事業用口座を選んだほうがいいです。

今回は実際に俺が利用している口座も含めて、フリーランスにおすすめの口座を見ていきたいと思います!

SPONSORED LINK

口座を屋号名義で開設できるか?


事業用口座という事は、屋号が入った口座という事ですと言いたい所ですが、個人事業の場合は屋号がなくても税務上は何の問題ありません。

じゃあなぜ屋号の口座が必要かというと、ズバリ自分の信頼度とイメージを上げる為です。稀に「法人限定」というサービスでも個人ビジネス口座ならOKというケースもあるので、持っていて得する事はあっても損は一切ありません。

そこで必要になってくる物がいくつかありますので確認しておきましょう。

個人事業主の口座を作る時に必要なもの

全ての銀行で必要になるわけではありませんが、以下の物は最低限いつでも用意できる状態にしておきましょう。

  • 身分証明書(免許証・保険証・住民票など)
  • 個人番号(マイナンバー)
  • 個人事業開業届

これぐらいは基本的にすぐに用意できると思いますが、最近は銀行の口座管理に対するセキュリティも上がっていて、開設までに審査も厳しくなっています

大きな銀行やセキュリティを強化しまくっている銀行の場合は以下の物も求められる場合があります。

  • 事業用の電話番号の有無
  • 事業のホームページの有無
  • 事業を行っている証明書類(請求書など)

事業口座を作成するタイミングとしては、独立すぐのケースも多い中でホームページがある方が珍しいと思いますが、有無の確認があったりします。もちろんなくても大丈夫ですけど、尋ねられる可能性があるって事ですね。

各種手数料が高くないか?


事業の内容によっては手数料は積み重なると結構大きな金額になってきます。振込手数料だけでなくATMの手数料も把握しておきたいところ。

フリーランスにとっては事業口座は事業のお金の流れだけを追えるようにしなければいけません。個人の口座のように、個人的に欲しい物を直接振込で支払ったりしないように管理します。

その為の事業用口座ですからね!

なので、事業用口座に振り込まれた報酬を個人用口座に振替えたり、財布に下ろしたりして生きていく事になります。その都度、手数料も掛かりますので要確認ポイントです。

ネットバンクとしての機能性は十分か?


なぜ今回、私がネットバンクにこだわるのかと言うと、確定申告を考えているからです。確定申告はフリーランスにとって本当に手間のかかる物です。ちょっと前までは。

確定申告を考えると、クラウド会計に明細を取り込めるかどうかというのは天国と地獄です。

今のクラウド会計は発達しているので、ほとんどの銀行のネットバンクに対応しているものの、万が一「明細取り込み機能」が使えないなんていう銀行を選んでしまったら、毎年一つ一つの明細を手打ちですよ。

はっきり言って、よい銀行を選ぶよりも、クラウド会計に対応した銀行を優先した方がいいレベルのお話ですよコレ。

フリーランスにおすすめの口座はこれ!

私が徹底的に比較して選んだ口座は「楽天銀行」と「ジャパンネット銀行 」です。

ジャパンネット銀行(個人事業主)


ジャパンネット銀行 のビジネス口座もフリーランスなら持っていて損はしない銀行です。私の場合にはお客さんや取引先に合わせて活用していますが、メイン口座としての機能性、利便性にまったく問題ないです。

それでは気になるポイントを。

  • 屋号口座の作成可能
  • 口座維持手数料が廃止されて無料化
  • ジャパンネット銀行同士の振込54円
  • 他行振込手数料172円~
  • 審査なし年会費無料のVisaデビットカードが付く!
  • 一括振込対応(3,000件/回)
  • ATM入金手数料3万円以上無料
  • ATM出金手数料162円~
  • freee・MFクラウド・やよいオンライン対応

もちろんクラウド会計との連携はバッチリですが、特筆すべきはキャッシュカードの代わりにVisa決済ができる一体型のVisaデビットカードが設立1年目からでも持てます。あって損はないですし、カード券面もクールです。あっ。青いっていう意味のクールです。

ビジネス口座で無料のデビットカードは現状ジャパンネット銀行のみ!普通のキャッシュカードとは比べ物にならないほど利便性が高いので、ビジネスでもデビットを活用したい場合には、JNBは本当におすすめですね。

楽天銀行(個人ビジネス口座)


楽天銀行はまずは個人口座を開設してから「個人ビジネス口座」の開設を申し込む必要がある。一見面倒そうだけど、この個人口座も結構使える存在になるから一石二鳥だと思って開設した方がいいです。

気になるポイントを整理してみます。

  • 屋号口座の作成可能
  • 口座維持手数料無料
  • 楽天銀行同士の振込51円
  • 他行振込手数料165円~
  • 一括振込対応(最大30件/回)
  • ATM入金手数料3万円以上無料
  • ATM出金手数料216円~
  • freee・MFクラウド・やよいオンライン対応

主要クラウド会計にもバッチリ対応していてビジネス口座としての機能は網羅されていますね。さらに、個人ビジネス口座の振込に本名がなくても振込先として利用できるかの検証も行っていますので、合わせてご覧下さい。

フリーランスにとって楽天銀行の個人ビジネス口座は利便性も高く、他のサービスとの連携も完璧なので本当におすすめできる口座です。

注意点は個人口座をもっていないと個人ビジネス口座は作れない事と、ほとんどないと思いますがATMからビジネス口座に入金する時に3万円以下だと手数料が掛かる点ですね。

まとめ

今回は個人的に満足度90%越えの個人事業主向けの口座選びを考えてみました。

良いネットバンクを選んでおけば確定申告まで半自動で記帳が完了するので、事業用口座選びは慎重にしていきたいですね。

さらに、事業用口座にサブ口座まで確保できれば利便性はさらにアップします。お金の管理を考えてもそうですし、振込先が同行の場合の手数料等、色々な場面で活躍してくれますよ!

お客さんやクライアントによっては口座を複数もっていると喜ばれるので、「○○銀行持ってます?」と聞かれても「もちろんフリーランスやっているんだからありますよ!」と答えられるスペシャリストを目指したいものですね。

アイラブフリーランス!

スポンサーリンク
トップへ戻る