デビットカード一本化にすると節約効果が満載でおすすめ!

世の中にデビットカードという物がずいぶんと浸透してきましたよね。でもイメージとしては「本物のクレジットカードを作れない人が持つんでしょ?」みたいな偏見が多いようですね。でも実際は、ゴールドカードを捨ててデビットにした人も知っていますし、お金にシビアな人から選ばれることもあるんですよ。
普段クレジットカードを使いすぎてしまう癖がある人にはデビットカードの節約効果に是非注目してもらいたいですね。

スポンサードリンク

デビットカードの仕組み

デビットカードの限度額は口座に入っている金額です。
3万円入っているならば、その中でショッピングをすることになります。

デビットカードの引き落とし日は即時です。
ネットショッピングなどでポチった瞬間に引き落としのメールがきて、口座残高が減るので将来への負債になることが決してありません。
極稀に時間差のあるショップもありますが、そのショップがカード手続きを完了すれば引き落とされます。

デビットカードは加盟店のほとんどでクレジットカードとして利用できます。
クレジットカードが使えるショップではデビットカードも使えます。
VISAデビットならはVISA加盟店のほぼ全てで利用できると思っていても大丈夫です。
有効期限やセキュリティコードなど、使い勝手はまったく同じなので、普段クレジットカードを利用する感覚のままデビットカードを利用することができます。

デビットカードの節約効果

デビットカードで節約できるのは、クレジットのように金銭のやりとりが即時行われるので、お金を払っている感がしっかり残ることなんですよ。
口座残高が減ってくれば、また入金しないといけないからちょっと節約しようとも思えるわけです。

デビットカードの心理的効果が節約になる

クレジットカードの場合は使った日と払う日まで日数があるので、次の給料を計算に入れて利用するなんて事ができてしまいます。
クレジットカードの限度額が自分の使っても良い金額と錯覚してしまうような事もありません。
現時点で口座に入っていないお金でショッピングできないんですから、なんとなく購入前に「これは、我慢しよう」という心理が芽生えます。
実際毎月のお小遣いをデビットカードの口座に入金しておけば、その枠で生活しようという心理になりますからね。
私もずいぶんと助けられています。

デビットの明細が家計簿になるので節約になる

デビットカードのメリットに買い物の記録が残ることがあります。
もちろんクレジットカードでは当たり前なんですが。
家計簿をつけて節約・貯金をするというのは有名な話なんですが、実際自分の利用明細を見ると無駄が多いことに気付いたりして節約効果を実感します。
現金生活でレシートを整理するなんて面倒なことはできない人でも、デビットカードなら実現できます。
それに現金感覚で使えるのにクレジットのように支払いができるので会計もスピーディでスマートに終わらせることができます。

デビットカードは予算が決められる

クレジットカードは自分で「今月はもう使わないようにしよう」という管理をしないと確定日までいくら使っているのかわからなくなるケースも多いです。
でもデビットカードは「今月は3万円まで入金しておこう」と最初に予算を自分で設定できますので節約の目標達成が容易です。
そしてオンラインで残高照会をすればいつでも自分のお金の状況を把握できるというわけです。
自分のことだけでなく、旦那さんのお小遣いや、子供のお小遣いにデビットカードを導入するのも便利かもしれません。

おすすめのデビットカードは?

デビットカードも最近では種類が増えてきていますので選ぶ楽しみもあります。
基本的には自分のメインバンクが発行していれば一番なのですが、そうでない場合はやっぱり楽天デビットが効率的だと思います。
楽天銀行から申し込めるデビットカードで銀行との連携で全国の提携ATMから利用できて楽天スーパーポイントを貯めていけます。

最近ではVISAデビットの他にJCBデビットも登場しました。
年会費やポイント還元などに少しの差があるようなので、自分に合ったデビットを選んでみて下さい。
私は楽天VISAデビットを利用しているのですが、年会費がネックなので楽天JCBデビットに切り替えようか検討中です。

もしもVISAとJCBで悩んでいる方は「楽天銀行デビットカード(VISA)と(JCB)の比較してみたまとめ!」で徹底的に比較しています。

まとめ

デビットカードならお金の管理が手軽にできることから節約効果が高く誰にでもおすすめできるカードです。
最近では増え続けて面倒な電子マネーもやめて徹底的にデビットカードに集約することも便利に活用できる裏技ですね。
唯一のデメリットはクレジットカードの最大の恩恵であるポイント還元率がデビットカードではちょっと弱いのが現状です。
各社の今後に期待しましょう。

関連トピック

公開日:2015/06/09