株の新規公開株IPOに強い証券会社で夢の個人投資家という道

investing plans
photo credit: MyTudut via photopin cc

フリーランスと呼ぶかはわかりませんが、夢の個人投資家という職業を目指す人ならばIPOの魅力は無視できませんよね。
では、個人投資家として成功しているフリーランスが利用している証券会社にはどういった所があるのでしょうか?
ちょっと個人的な興味も兼ねて徹底的に調べてみました。

スポンサードリンク

IPOに強い証券会社の基準

IPOに強い証券会社の定義として、IPOに当選しやすい証券会社ということになりますよね。
抽選方式が証券会社によってだいぶ違いますし、抽選方式が良くても口座数が多すぎて倍率が高くなってしまうという難しい問題です。
それを踏まえてIPOに強い証券会社を選んでみます。

IPO抽選方式

IPO初心者でも億円プレイヤーでも100%完全平等抽選の一人一票制の公平な証券会社を選びましょう。
資金力で抽選確率が変わってしまっては、IPOに当選するだけでも一苦労になってしまいます。
逆に、資金力がある方にとってはどれだけ資金があっても完全平等抽選は不利になってしまいますね。

IPO取り扱い数

せっかく証券会社に口座を作っても、その証券会社が希望のIPOを取り扱わない場合には、抽選すら受けられません。
その為、IPO取り扱い数が多い証券会社を選んでおく必要があります。
選ぶ基準には単に取り扱い数だけでなく、IPO主幹事に選ばれる証券会社を選択するのも重要になってきます。

口座開設数の多さ

選んだ証券会社に割り当てられたIPOはその証券会社で口座を持っている人の中から抽選されます。
つまり、口座開設数が多い証券会社ほど倍率が高くなってしまう傾向があります。
もちろん口座数によってIPO配分も変わってきますので、口座数が少ないから良いとは一概には言えません。

IPOに強い証券会社を比較

medium_8479341468
photo credit: Jeff S. PhotoArt via photopin cc

では、実際にIPOに強いと言われる証券会社はどこになるのかという問題になってきます。
上記のIPOに強い証券会社の基準を元に実際に証券会社を比較してみます。

完全平等抽選

IPOの抽選方式に資金力抜きで、完全にコンピューターによる平等抽選を行っている証券会社です。

  • マネックス証券
  • カブドットコム証券
  • 松井証券

資金力の影響があるものの、完全抽選を行う証券会社です。

  • SBI証券
  • 楽天証券

SBI証券ではIPOチャレンジポイントの付与が行われ、IPO配分の30%はポイント利用者での抽選を採用しています。残りの70%も資金力が影響します。
楽天証券ではIPO当選確率優遇制度があり、IPOゴールドは資産評価額1億円以上 or 月間平均手数料10万円以上の方で5倍当選率アップ。IPOシルバーは月間平均手数料1.5万円以上の方で2倍当選率アップとなります。

IPO取り扱い実績

年間を通してIPO取り扱いが多い順です。

  • SBI証券
  • SMBC日興証券
  • カブドットコム証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • 楽天証券

SBI証券が最も多く、平均しても30社~取り扱いがありますので、抽選機会がかなり多くなります。またSBI証券とSMBC日興証券は主幹事を請け負う機会が多く、IPOの当選本数が多いのにも注目です。楽天証券だと平均すると10社~取り扱いとなっています。ほしいIPO銘柄がないと意味がありませんので、IPO取り扱い数上位の証券会社から選択するほうがいいかもしれません。

当選倍率アップ

主となる証券会社で口座開設数の多い順です。ライバルが多い順なので、逆ランキングとなります。

  • SBI証券
  • SMBC日興証券
  • 楽天証券
  • マネックス証券
  • 松井証券
  • カブドットコム証券

SBI証券で約290万口座です。カブドットコム証券ですと、84万口座になります。
口座開設数が少ないとIPO取り扱いも減るので、ある程度口座数があったほうが良いと言えますね。

まとめ

ここまでの条件で見ていきますと「IPO取り扱い数が多く、口座数が多すぎず、IPO抽選が平等な証券会社」がIPOに強い証券会社ということになります。

マネックス証券

IPO抽選方式が100%完全平等抽選でIPO取り扱い数もあり、口座数も100万口座とバランスの取れた証券会社になっています。
IPOを行う上で必ず持っていたほうがいい証券会社と言えます。
マネックス証券

松井証券

IPO銘柄に強い松井証券は新規公開株狙いの投資家にはとても定評のあるバランス型の証券会社になっています。
やはり完全平等抽選70%越えの証券会社が少ないので、松井証券のような抽選方式を確保することがIPO当選への第一歩といえます。
松井証券

関連トピック

公開日:2014/07/11