「Zaifコイン積立」のビットコイン積立でフリーランスが資産運用する注意点


これから益々注目されるであろう「ビットコイン」ですが、すでにビットコイン積立投資が可能な取引所も存在します。今回はフリーランス目線で、ビットコイン積立を始める方法や注意点を押さえておこうと思います。

ビットコインの積立を行う時の最低金額、手数料、税金など気になるポイントは多いと思います。今回は実際にコイン積立を利用して毎月の設定を行ったので、手順を含めて確認していきます。

SPONSORED LINK

ビットコインの積立可能取引所は?

執筆日時点で「Zaif」と「bitFlyer」が「ビットコイン積立」に対応しています。
両者のメリットを簡単に比較してみましょう。

bitFlyer定期購入

bitFlyerは積立というサービスではなく「ビットコイン定期購入」というサービスです。
クレジットカード払いで毎月○日、毎週○曜日、というようにある程度柔軟に自分で決めた間隔で購入していくサービスになります。
決済手数料が組み込まれており、逆算した所、1000円ほどのビットコインの購入で約8%程度の手数料が生じておりました。
変動性の手数料なのかもしれませんが、クレジットカードが利用できるのは嬉しいですね。
手数料を考慮すると、頻繁な購入よりも月単位が良さそうです。

Zaifコイン積立

Zaifのコイン積立のサービスは完全に積立投資に準ずる方式を採用しています。
一定金額を毎月27日に引き落とし、積立投資の武器でもある「ドル・コスト平均法」のメリットを最大限活用できます。
内容としては、翌月10日~翌々月9日(土日祝日を含む)までの日数で日割りの買い付け金額が決定し、日毎の買い付けレートで自動的にビットコインを積み立て購入していきます。
自動で安い時に多く購入し、高い時に少なく購入することでリスクを抑えます。
手数料も明確に記載されており、2000円までは一律100円、3000円から3.5%、1万円から2.5%、3万円から2.0%、5万円以上から1.5%となっています。

Zaifコイン積立の登録

今回は、積立の買い付け方法と、手数料の観点からZaifのZaifコイン積立を利用します。
実際の設定方法の手順を見ていきましょう。


Zaifにログインし、コイン積立を開始のリンクから積立の設定を開始します。


規約に同意すると、口座振替の設定の画面になります。
銀行印不要で全てオンラインで申し込みが可能になっています。


全国の主要金融機関が利用できるので、目当ての引き落とし口座を選択します。
銀行の認証が終わるとZaifの設定に戻ります。


この画面で実際にビットコインを積み立てたい金額を1000円単位で自由に入力できます。
今回は10000円に設定してみました。


設定が完了すると、次回の引き落とし日と金額が表示されます。
引き落としのお知らせをメールで受け取れるサービスもあるのは嬉しいですね。

Zaifコイン積立の注意点

Zaifの積立を利用する上での注意点は「手数料がかかる」という事ですね。
ただし、これは他の投資に比べてもかなり低い設定になっていますし、他の取引所よりも安価になっていますので、気にする必要はないかもしれません。

そして、ビットコインは変動が激しく、未来に大化けするか値下がりするか誰もわからないという事です。
いきなり余裕資金の全額を積み立てるような方法は避け、様子を見ながら積立金額を変更していく事をおすすめします。

その点でも、Zaifのサービスを活用できます。

Zaifコイン積立:よくあるご質問
1. 試しに登録できますか?
A. 登録を行った後、いつでも積立金額をゼロ円に設定できますので、例えば一ヶ月だけ試しでやってみるような使い方や、ボーナス時期だけ積立金額を上げる、というような使い方も可能です。
Zaif

まとめ

フリーランスのビットコイン積み立てのお話でしたが、フリーランスは収入がある時こそ、お金にも仕事をしてもらう事も重要です。
ビットコインに限らず、積み立て投資のメリットをきちんと把握して実践していく事で将来に差が開くことでしょう。
投資の大原則は自己責任ですが、少額から始められるビットコインは手軽さも手伝って、活用できる金融商品になっていくと思います。
仮想通貨で儲けたら「仮想通貨の税金が発生するタイミング」を参考に確定申告も忘れずにしましょう!

ビットコインの普及率は凄まじいですよ!

アイラブフリーランス!

スポンサーリンク
トップへ戻る