シャアオフィスをレンタルしても自宅は経費になるのか?


ノマドワーカーやカフェ作業等、働き方の形態が多様化してきていますね!今回はシェアオフィスをレンタルしている時でも自宅で作業をするフリーランスの悩みである経費の問題です。

シェアオフィスをレンタルしている部分は経費になって当然ですが、自宅作業もあるという場合に経費になるのかを調べてみました。

もしも経費になるのなら、少し背伸びしてシェアオフィスデビューも検討してみたいですね!

SPONSORED LINK

シェアオフィスがあっても自宅を経費にしていいのか?

個人事業主で事務所を持っている場合には、通常は事務所と自宅できちんと分離して申告している事がほとんどだと思います。

今回のようにシェアオフィスやレンタルオフィスを契約してしまうと、自宅が経費にならなくなってしまうのではないかと心配になりますよね。

でも、心配ありません。

きちんと家事按分の処理は必要ですが、自宅も経費に計上できます。

ただし、事務所としてきちんと機能している事は大前提になりますので注意しましょう。

経費の基本は「その収入を得るために必要だった出費かどうか」という部分が重要視されます。

事務所が複数あっても経費になる

当たり前の話なのですが、事務所を複数契約している事業者は大勢います。今回のケースは自宅がその対象になっただけなので、自宅兼事務所の経費計上方法と同様に処理しましょう。

オフィスをレンタルする上で、最大のメリットは100%経費になるという事です。

また、事務所を確保するまでもない運営形態なら、バーチャルオフィスを利用する方もいると思います。住所貸しや荷物の受取で利用する人も多いですが、もちろん経費になります。

シェアオフィスと実家は経費になるのか?

シェアオフィスが経費になる事は明白ですが、実家の場合だと基本的に家族に払った家賃は経費になりません

家族間での金銭のやりとりをきちんと明確化して、事業スペースを明確化して、家事按分を考慮すれば認められるケースもあります。

ただし家族への支払いはその方の収入になりますので、きちんと申告が必要という事ですね。

まとめ

現在、自宅兼事務所としてフリーランスを行っていて、そろそろシェアオフィスを検討したいという方は、現在の自宅の経費計上を行ったままでいい事がわかりました。

事務所が増えたからといって、その事務所の利用頻度までは考慮する必要もありませんので、思ったより気軽に経費の利用ができそうですね!

アイラブフリーランス!

トップへ戻る