オークションやフリマの売上や儲けに税金はかかるのか?


オークションやフリマで稼いでいる人も多くなってきました。そこで疑問になるのが、オークションでの儲けは収入になるのか?という部分だと思います。

今回はオークションだけでなくフリマアプリでの売上が、税金や確定申告の対象になるのかを調べてみたいと思います。

ヤフオク等を利用したせどりにも同様の事が言えますのできちんと覚えておきましょう!

SPONSORED LINK

オークションで確定申告が不要な場合

オークションやフリマでは生活用品は課税対象から外されます

オークションやフリマは本来、自分の不用品を手軽に売れるサービスですよね?そこで売った物が収入になってしまったら、売買をする人は減ってしまうかもしれません。

家にある不用品や使わなくなった物はほとんどの場合、「生活用動産」となるので税金は掛かりません。

生活用動産の種類

生活用動産とは生活に通常必要な動産の事だという事はわかりましたが、どんな物が範囲に入るのかよくわかりません。一般的に生活用動産とされる種類のリストを見てみましょう。

  • 衣服
  • 家具
  • 器具
  • 自動車
  • 30万円以下の貴金属
  • CD
  • ゲーム
  • 本・雑誌

などなど、生活をする上で使っていたものが全般的に当てはまります。

オークションで確定申告が必要な場合

オークションで稼ぐつもりで売った場合には、課税対象です。判断基準は、扱う商品と売る目的だったか?によって判断されます。

着れなくなった自分の洋服を売るだけならば課税対象ではありませんが、古着屋で仕入れてから売る行為は課税対象になります。

つまり、オークションかフリマかは関係なく「転売目的」「利益目的」だったかが重要になるという事ですね。

ヤフオクでも確定申告は必要だし、メルカリでも確定申告は必要だよ!

贅沢品も確定申告が必要

前述にあるように30万円を超える貴金属や美術工芸、骨董などは贅沢品として収入になるので確定申告が必要になります。たとえ生活用品だった貴金属でも税金の対象となりますので注意しましょう!

それ以外にも、高価な物や価値のある物は税金の対象となるケースもありますので確認が必要です。

ハンドメイドの販売も確定申告が必要

ハンドメイド作品は売るために作られた物なので、課税対象となります。事業の範囲にならない小規模な趣味だとしても課税対象になることに注意しましょう。

ただし、作品を作る上で必要になった素材や器具等はきちんと経費になりますので、領収書等の保管はしておいた方がいいですね。

せどり(転売)は税金が掛かる

説明は不要ですが、フリーランスの中でもオークションやフリマで生計を立てている人がいるように、立派な事業として成り立っている方もいます。

本業や副業に関わらずせどりは税金の対象ですね。税金対策としてはせどりに掛かった経費をきちんと計上することです!

オークションやフリマの経費

もちろん確定申告が必要ということは、経費も認められるということです。オークションの経費として代表的なものを紹介します。

  • 仕入れに掛かったお金
  • インターネット料金など
  • 送料
  • オークションで発生する手数料

この場合インターネット料金全てが経費になることはありません。プライベートの使用分をきちんと按分する事が必要なので注意しましょう!

まとめ

オークションやフリマでの売上は、どんな物をどんな目的で売ったかが重要という事ですね。さらに、生活用動産だったとしても、売る数が事業規模ならば、課税対象になります。

副業でも人気のせどりビジネスにも必須の知識なのでちゃんと把握しておきたい所ですね!

アイラブフリーランス!

トップへ戻る