普通預金の利息の仕訳は?事業用口座だけどどうなる?

medium_3139331073
photo credit: kevin dooley via photopin cc

1、個人事業主が利用する口座での普通預金利息は「事業主借」として処理します。

2、個人事業主の預金利息収入は「利子所得」に該当し「事業所得」ではありません。

3、個人事業主の預金利息は、すでに20%の税金を差し引かれています

利子所得

預金利息は利子所得になります。そしてこの利子所得は入金された時点で既に源泉徴収されています。

ということは受け取った利息はすでに税金を納めている金額となります。

というわけで事業主借になってくるわけですね。

なぜ「事業主借」なのか?私はお金を入金していない。と考える方もいると思います。

しかし既に税金を納め終わっている部分のお金はあなた個人のお金と同等です。

というわけで普通預金の利息は事業用口座だったとしても事業主借で処理をしてしまうのが普通になっています。

関連トピック

公開日:2012/02/16