クラウド会計の月額や年額は経費で落とせるのか?


クラウド会計ソフトを利用する個人事業主やフリーランスの方が続々と増えていますね。
今まさにクラウド会計の導入を検討している方も多いのではないでしょうか?
ここでよく疑問になるのは、クラウド会計の月額費用は経費として使えますか?という部分です。
今回は会計に関わる出費への対応を考えてみます。

スポンサードリンク

クラウド会計利用料金は経費?

会計ソフトが経費なように、クラウド会計でももちろん経費対象となります。
さて、その場合の仕訳ですが、基本的には勘定科目を「通信費」として経費で落とせます。

今回の例はクラウド会計ですが、他にもWEB上のサービス利用料金が発生するケースは多々あります。
単発で少額の場合に「雑費」に計上しても問題ありません。

このようにあなたに対する比重で勘定科目が変わってきます。

クラウドサービス全般にも言える事

例えばクラウド請求書サービス「 MFクラウド請求書」などを利用して有料プランを利用しはじめた時に掛かる費用も、同じく「通信費」として問題ありません。

つまり、業務の為に導入したソフトやサービスならば、積極的に利用して経費に計上できるという事です。
あくまで「業務の為に」という事を忘れないようにしましょう。

どんなクラウド会計が経費になるのか?

個人事業主やフリーランスに利用されるクラウド会計には以下のサービスが主流になっています。


法人向けでなければ、月々1000円未満で利用でき、日々の会計業務の効率化が行えるので、経費に組み込んで活用していきたいですね。
「MFクラウド」「freee」「やよい」の違いを比較してみた!フリーランスにおすすめのクラウド会計

高額なソフトの場合

例えば10万以上するような本格的なソフトウェアになると、無形固定資産になる可能性があります。
無形固定資産とは、目に見えない、形の見えない資産を指しています。
そこにソフトウェアも含まれます。
境目となるのは10万円という事も覚えておいて損はないですね。
他には、加入権や商標権などの権利に掛かる費用が一般的です。

まとめ

会計ソフトやクラウド会計の月額費用や年額費用が経費対象になるか?というお話でした。
経費になるので、便利に活用していきたいですね。
また、金額によって仕訳の方法が変わってくる事も意識しておきましょう。

アイラブフリーランス!

関連トピック

公開日: