株の口座はなぜ「特定口座・源泉徴収あり」がおすすめなの?その理由とは!

medium_2276783536
photo credit: Cayusa via photopin cc

よく証券会社の口座を作るときには、特定口座(源泉徴収あり)が初心者にはおすすめです!とありますが、具体的にどのようにメリットがあるのでしょうか?

少し見てみましょう。

特定口座(源泉徴収あり)のメリット

  • その口座で株の利益が出ても自動で税金が引かれるので確定申告する必要がない
  • 確定申告をしたければできる
  • 利益は分離されるのでいくら儲けても所得に影響がない(確定申告なしの場合)

特定口座(源泉徴収あり)のデメリット

小額の譲渡所得の場合還付が受けられないことと、
利益のある取引ごとに税金が即時引かれるので、
その分の資金を運用に使用できないということが上げられます。

ほとんどデメリットがないので、特定口座の源泉徴収ありがおすすめされるのですね。

特定口座の源泉徴収の流れ

証券会社によって多少異なりますが、利益が出た時に同時に源泉徴収されます。
そして、その後損失があった場合には徴収額の再計算が行われて、口座に還付が行われます。

全て自動で処理されるので、ほとんどの場合意識しないで利用できてしまうと思いますが、
買付余力の変動が細かく行われるので安心して運用できます。

まとめ

もしも一般口座での運用の場合には、所得になって翌年の国保や住民税などに影響してきます。
扶養の対象から外れてしまったりというトラブルもありますので、
よくわからない場合には必ず特定口座の源泉徴収ありを選ぶようにしましょう。

最後に、以下の表をよく覚えておきましょう!

確定申告 所得税
一般口座 必要 合計所得金額に含める
特定口座 源泉なし 必要 合計所得金額に含める
特定口座 源泉あり 申告した場合 合計所得金額に含める
特定口座 源泉あり 申告しない場合 合計所得金額に含めない

関連トピック

公開日: