フリーランスがWiMAXを5年使ってわかったメリットとデメリットまとめ!


私がノマドワーカーとしてフリーランスになってから一番お世話になっていると言っても過言じゃないWiMAXについて、メリットとデメリットをまとめておこうと思います。

フリーランスだと、インターネット回線がないと仕事にならないなんていう人だらけのはずです。自宅の固定回線よりも安く契約できる上に外出先でもガッツリ利用できちゃうので、自分のスタイルに合うならば必ずメリットを感じられるはずです!

最後にノマド向けに「WiMAXのおすすめの選び方」でWiMAX徹底比較みたいな事をしています!

SPONSORED LINK

WiMAXのメリット

実質使い放題のモバイルWiFiはWiMAXしかないんですよ。これ以上のメリットありますか?というレベルです。

さらに5年以上WiMAXを使い続けてわかったメリットが沢山あります。あくまでもフリーランスとノマドワーカーというスタイルでWiMAXを利用している私の意見ですが、自宅での作業が多めのフリーランスにもおすすめできる点がいくつかあります。

どこにいてもフリーランスの仕事ができる


WiMAXを使うまでは、無料の無線LANやキャリアの提供するWi-Fi、テザリング等を使って凌いでいたのですが、さすがに行動範囲の狭さに限界を感じていました。

その時、自宅には光回線を引いていたので、自宅にいる時は高速回線で快適に仕事ができてはいたのですが…一歩外に出ると通信料問題と戦う日々でした。

その点、WiMAXなら自宅でも外出先でも無制限で使えるので、フリーランスとしての働き方にも幅が出ました。

もちろんPCだけでなく、スマホもタブレットも使えるので色々契約せずにWiMAX一本化出来るのも大きなメリットでしたね。

面倒な手続きや設定から開放された


携わっている事務所の方では光回線を契約していますが、とにかく面倒な手続きにイライラします。

どこにいくら払っているの?プロバイダはこれでいいの?引っ越す時は?…と疑問だらけの人もよく目にします。

回線工事や、料金のわかりにくいプランの乱立。プロバイダ選び一つとってみても、種類が多すぎて面倒になってしまいますよね。

その点、WiMAXは申し込んで自宅に届いた端末にWi-Fiを繋げるだけで、料金もわかりやすいです。

さらに、引っ越し手続きも簡単で、工事の手間もありません。

通信容量が実質無制限だから気にせず使える

ポータブル形式のWi-Fiで無制限で利用できるのはWiMAXのみです。(ギガ放題プラン)

WiMAXは月間通信料制限がないので、他社のWi-Fiのように月末になると使えないという悲惨な状況はありません。

私が使っているプランはギガ放題プランで無制限ですが、ハイスピードモードの場合は3日間で10GB超過すると速度制限がかかります。フリーランスの仕事で700MBくらいの納品をしょっちゅうするので、通信制限は何度も経験しています。

ただ、この速度制限の状態でも問題なくYoutubeの通常画質を再生できるので十分に実用レベルです。制限中でも4~6Mbpsは出ます。そうじゃなければ仕事で5年以上も使っていませんよね。

私の月間データ通信量は多い時で150GBにも届きますし、平均で80GBは常に利用しています。

通信エリアが全国区


日本中を旅行しながらフリーランスとして仕事をしていた時に、郊外でない主要ポイントならばほとんど繋がりました

観光地が多かったおかげもあるかもしれませんが、当時はまだ人口カバー率も90%程度だったと思います。

今は人口カバー率が99%になっているので、ほとんどの人が自宅で快適に利用できると思います。

WiMAXのデメリット

次に5年以上WiMAXを利用してきて困った事や不便だと思ったデメリットです。実際に使ってみないとわからない部分も多かったので参考になる人はいるかもしれません。

LTEオプションをつけてしまった

LTEオプションはWiMAXの電波がない時にau網の電波を利用できるオプションなのですが、このオプションを便利だと思って使ってしまってから気付いた注意点があります。

ハイスピードプラスエリアモードで通信速度制限(月間7GB超)が適用された後は、ハイスピードモードの「WiMAX 2+」通信もその制限対象となります。

ギガ放題プランを選んでいても、7Gの通信制限の対象になってしまうわけですね。速度制限を受けてもYouTubeの通常画質で再生できるほどではありますが、今ではWiMAXの電波がない時はスマホのテザリングを使っています。

通信しっぱなしの用途に向かない

以前にオンラインゲームをしながら、Youtubeで曲を流して、大容量ファイルを納品という荒業を実験しましたが、やはり速度が思うように上がらずに通常の光回線よりも時間が掛かりました。

まぁここまでガシガシ使うならば固定回線を使うのは当たり前かもしれませんが、WiMAXが快適すぎるので天井を知りたかったというのもあります。

実質無制限とは言っても一応制限という概念は残るので、最初からガシガシ使う目的の場合はおすすめしません

WiMAXのおすすめの選び方


WiMAXと名前が付くサービスは全部UQ WiMAXの電波網を利用したサービスでプランや制限はどれも一緒ですが、サービスや価格や運営会社が違う点に注意した方がいいです。

その中でも、おすすめできるWiMAXが「UQ WiMAX2+」「BroadWiMAX」「GMOとくとくBB」です。その理由の前に徹底的に比較してみたいと思います。

  GMOとくとくBB broadWiMAX UQ WiMAX
契約事務手数料 3,000円 3,000円 3,000円
初月料金 日割り 日割り 日割り
初期費用 0円 18,857円
(WEB申し込み限定で0円)
0円
キャッシュバック 0円 0円 10,000円
月額料金(ギガ放題) 2ヶ月間2,690円
3ヶ月以降3,344円
25ヶ月以降4,263円
3ヶ月間2,726円
3ヶ月以降3,411円
25ヶ月目以降4,011円
3ヶ月間3,696円
3ヶ月以降4,380円
25ヶ月目以降4,380円
強制加入オプション
(無料期間中に解約可)
なし 端末安心サポート月300円
MyBroadサポート月額907円
なし
電話サポート 10:00~19:00
手続きは平日のみ
11:00~18:00
月曜日~土曜日
9:00~21:00
年中無休
運営会社 GMOインターネットグループ 株式会社リンクライフ UQコミュニケーションズ

WiMAXをコスパで選ぶ!

WiMAXをコスパで選ぶならGMOとくとくBBがもっともおすすめです。実質料金なら圧倒的にコスパが高いと言えますね。

ただし、WiMAXを最初から長期的に検討しているならコスパ最強は「BroadWiMAX」になります。大体28ヶ月以上を超えると「GMOとくとくBB」よりも割安になってきます。

2年毎にWiMAXを乗り換えるという人は間違いなく「GMOとくとくBB」ですね。

WiMAXをサポート体制で選ぶ!

私がフリーランスになってから利用し続けているのは純正のUQ WiMAX2+です。その理由は、WiMAXの運営元という安心感とサポート体制でした。

実際サポートに電話した時も不満点は何一つありませんので満足しています。フリーランスとしてネット回線のトラブルは死活問題だ!という人はサポート体制も検討してみては如何でしょうか?

まとめ

私の場合は、どこでも仕事ができる喜びに感謝できるのは間違いなくWiMAXのおかげです。今回はフリーランスの目線からWiMAXのメリットとデメリットを見ていきましたが、本当に圧倒的にメリットばかりなのですよね。

WiMAXの注意点は、必ず使い放題のプランにしておく事各社で大きく違う料金やサポート体制を把握しておく事です。

アイラブフリーランス!

スポンサーリンク
トップへ戻る