ノマドのネット環境は何がベスト?通信手段はモバイルWi-Fiルーターだけじゃない!

camel-210833_640
ノマドワーキングが世間で認知されつつある現在で、ノマドワーカーの方はネット環境をどのように確保しているのでしょうか?
どこでも仕事ができるという事は、どこでも通信できる状況にないといけないわけです!
色々な手段がありますが、コストやセキュリティといった部分で、ノマドだからこその問題点も多いようです。
自分に合った手段を見つけて快適なノマドライフを送りましょう。

スポンサードリンク

公衆無線LANのセキュリティ

keys-525732_1280
公衆無線LANは危険だ!という脅しのような情報が多いですが、それは暗号化されていなかったり、貧弱な暗号化方式のWifiへの警告になっています。
もちろんその後に続く説明には「強固な暗号化方式でも同じWifi接続をしている人には覗かれます」という内容が多いですよね。
公衆無線LANのセキュリティを考えると夜も寝れないなんて人もいるのではないでしょうか?
できるだけ安全な公衆無線LAN暗号化方式を覚えておきましょう。

危険な無線LAN

  • 暗号化されていない
  • 論外ですね。超危険です。

  • WEP
  • クラックも簡単に行えてしまう、古い暗号化方式です。

  • TKIP
  • WEPの進化版ですが、解析ツールの標的になっています。

安全な無線LAN

  • WPA
  • WEPの強化版として生まれた方式です。

  • AES
  • TKIPの良い部分を継承した解読困難な方式です。政府も利用しているほど。

  • WPA2
  • AESが義務化された、WPAの後継規格です。

公衆無線LANならWPA2-AESを!

現時点で一番安全だと言えるWPA2-AESが一番良いです。ノマドワーカーの方は普段利用している無線LANの暗号化方式にも注意が必要です。
WPA-PSK(AES)
WPA2-PSK(AES)
できるだけこの暗号化方式を選択したいですね。
もちろんどの暗号化方式を利用しても共通パスワードの問題などで、100%の安全はないと思って利用する必要もありますね。

本格利用にはVPNが必須!

VPNはVirtualPrivateNetworkのことです。個人ネットワークを仮想的に構築することで通信内容の暗号化を行う技術ですね。
セキュリティに無防備ななWifiを利用しても通信内容自体を暗号化してしまう方法です。

無料VPNでは、「VPN Gate」・「つながるもん」・「パンダVPN」などがよく紹介されています。
無料サービスなので、制限や速度の問題もあるようですが、いざという時に役立ちます。
ただ、設定も自分で行う必要があるので、初心者には少し敷居が高い印象ですね。

有料ソフトではWi-Fi セキュリティ / ソースネクストなどが手軽に利用できますね。Anchorfree社の『Hotspot Shiled』を日本版に落とし込んでいるとの事なので安全性はかなり高いです。

個人が簡単にVPNを利用できるソフト。一般的なウイルス対策ソフトでは防ぐことができない無料Wi-Fiスポットの盗聴の脅威を、VPNを使って防ぐことができる。フィッシングサイトのブロックや、海外のIPアドレスを利用して日本では利用できないコンテンツにアクセスすることなども可能。Win/Mac/iOS/Androidのマルチデバイスに5台まで対応、インストールしてサインインするだけで簡単にVPN接続を確立し、より安全にインターネットを利用できる。


安心感を買えると思えばコスパもいいので、おすすめです。

テザリングの活用

smartphone-505851_640
スマホのパケット契約プランに余裕があったり、毎日ノマドワークを行う場合でない時にはテザリングが最も現実的です。
スマホの通信網をパソコンなどで利用する方法なので、セキュリティ面でも安心です。

WifiテザリングとBlutoothテザリングが主流で、任意のSSIDと任意のパスワードをスマホで設定します。
そのSSIDを接続したいパソコンで取得してパスワードを入力して接続する方法です。

セキュリティ項目では「WPA2 PSK」を選択するようにしましょう。
また、アクセスポイントの名称のSSIDを他人に見られたくないなんていう特殊な人はBlutoothテザリングがいいかもしれません。
この辺は好みで使い分けましょう。

モバイルWi-Fiルーターは必要?

router-157597_640
モバイルルーターの利用を検討する場合には、ノマドワーキングが週に2、3日以上になってからではないでしょうか?
本格的なノマドワーカーならばモバイルルーターは避けては通れないアイテムになりますね。
モバイルルーターの運用方法には月額SIMの契約か、定額SIMのチャージの方法があります。

月額SIMのモバイルルーター

新規契約の場合には初期費用と月額が発生するので、本格的にノマドワーカーとして活動する方向けになります。
身の回りのノマドワーカーでは「UQコミュニケーションズ株式会社 / WiMAX2+」が一番利用されています。
スピードとコストから見ても最もおすすめされる人気ランキング常連のモバイルルーターですね。
何より、速度制限なしで追加料金なしという安心感はノマドワーカーにとって心の支えになるかもしれません。

定額SIMで使い切りモバイルルーター

SIMフリーのモバイルルーターを利用して、定額の使い切りSIMでノマドワーキングを行う方法です。
最も利用しやすいSIMとしては、日本通信bモバイルのSIMに定評があります。


1GB分のデーター量を使い切るか、30日の有効期間までSIMが使えます。
家電量販店での取り扱いもあるので、新規SIMの入手も手軽なのも嬉しいですね。
ノマドワークを行う予定が不安定な方や、気分転換に外でお仕事をするだけでも利用できるので、駆け出しのノマドワーカーにいつもおすすめしています。
SIMフリーのモバイルルーターもかなり手軽な価格帯になってきています。

まとめ

ノマドワーカーとして生きるならば回線の確保は必須項目ですが、セキュリティや速度制限といった見えない何かと戦うストレスもありますよね。
最終的にはモバイルルーターに行き着くはずですので、自分のスタイルと現在の状況から適したネット環境を整えれれば完璧ですね!

関連トピック

公開日:2014/12/09