株の複数口座で利益相殺する時の確定申告の書き方

medium_3062673391
photo credit: voyageAnatolia.blogspot.com via photopin cc

株式口座を複数所有し、利益を相殺する時の確定申告記入方法

1、確定申告書第二表の「所得の内訳」に、
「株式譲渡・証券会社名称・収入金額・源泉金額」を記入していきます。

2、確定申告書第二表の「住民税の項目」の「株式等譲渡所得割額控除額」に、
計算された金額を記入します。

※特定口座の場合は、申告を一切しないという選択も一つの考え方です。

株の損失を繰り越そう

特定口座(源泉あり)を利用していても、株の確定申告を続けることで損失の繰越も可能になります。しかもその年から3年間有効です。

去年、損失が50万円あって確定申告を行っていたとすると、今年は50万円の利益があっても税金は一切かからず還付対象になります。

この制度を適用させるには、株の確定申告を毎年行うことが前提です。

特定口座の場合で、利益が発生している場合には特に関係はありませんが、損失がでている時には確定申告を続けたほうがお得になるケースがあります!

さらに裏技

特定口座(源泉あり)ならば原則、確定申告は不要ですが、行ってももちろん良いわけです。

つまりA社・B社・C社と証券会社の口座を持っていて、その全てが特定口座だった場合、自分に都合のよい口座だけを確定申告することができるのです。

例えば自分が誰かの扶養になっているケースでは、総所得38万円を超えないように帳尻を合わせて、さらにマイナスの口座を確定申告することで還付をもらえるというわけですね。

扶養などの心配がなければ、利益の出た口座とマイナスの口座を同時に確定申告すれば、マイナス口座の分、利益が引かれてその分の厳正徴収された税金が戻ってくるというわけです。

関連トピック

公開日:2012/04/23