FXの利益は雑所得ですか?記帳や経費は?

medium_8453271596
photo credit: epSos.de via photopin cc

2012年以降、個人事業主でFXでの利益がある場合に確定申告で必要な処理と知識

1、FXの利益は「雑所得」です。将来本業を越える利益が出ても、雑所得です。

2、FXに関しては「預金出納帳」などの記帳義務はありません。

3、FXがある場合の確定申告は、FX口座の年間取引書を用意して、確定申告第三表に記入します。

4、FXでの赤字の繰越もFX内で可能です。第三表で赤字の申告をする事で3年間の繰越が受けられます。
繰越を受けないという選択で赤字申告をしない事も可能です。

5、FXの税金は分離課税で一律20%です。

6、確定申告書の作成では、第一表の「税金の計算」の欄で第三表の合計を足す部分があります。
FXで第二表は使用しません。

7、FXの為の経費は事業用の経費帳とは別に考えます。
領収書を保管し、第三表に経費記入項目があります。

8、FXの為の経費には「パソコン・プロバイダ・書籍・セミナー」などが一般的です。

まとめ!
FX利益があった年の確定申告では、
年間取引明細と、経費の領収書を見ながら第三表で税額を作成し、第一表の「税金の計算」と合算します。
※事業の青色決算書や第一表の雑所得にはFXは一切出てこないですよ

FXの税金の申告漏れ

FXの個人トレーダーやフリーランスの投資機会が増えてから、FXの申告漏れが問題化してきていますよね。
税務署でも個人のFXについてかなりの規模で調査グループを作っていると聞きます。

FXで確定申告が必要になるケースを把握しておき、当てはまったらキッチリ申告することを忘れないようにしましょう。
主婦や教員のFX脱税などがニュースを賑わせていますが、驚くのはその利益と、延滞税などの加算税の額ですよね。

パソコンやスマホで手軽に売買できてしまうことから個人でも大きな利益を生める環境になったと言えますが、その逆でリスクも大きくなってきているのは間違いありません。「 FXの税金をまとめてみた!負けていても申告するとお得!」でも紹介していますが、確定申告は損ばかりではありません!自分にとって有利な制度もあったり、税金の制度も変わってきていますよ!

関連トピック

公開日:2012/04/23