楽天銀行で待望の「定期積立」が開始!自分年金に備えようじゃないか!

d4d9bbfa519ccf044f70f109cc85433e_m
楽天銀行ご利用者の皆様ならすでに知っていると思いますが、新たなサービスとして「定期預金の積立購入」が可能になりました。
今までなぜできなかったのかが不思議なほどですが、やっと対応したようです。ネットバンクのメリットを最大限まで利用できる内容になっているので、将来の自分年金に備えたり、手軽な貯蓄まで対応できるサービスになっています。そのポイントを見てみましょう。

スポンサードリンク

積立がいつ引き落とすか設定できる

ネットバンクだからこそ、自分の好きな日付に引き落とし日を設定できます。世の中の多様化で月末だけが給料日じゃない人も多くなっていますよね?
そんな場合でも、給料の振込み日やその次の日など、必ず余裕資金がある状態の日付を自分で設定できますので無駄な心配はいりませんね。
楽天銀行だけの独自サービスというわけではありませんが、こういった柔軟性は継続する上でとても重要ですね。

月々1000円から積立できる

少額にも対応しています。定期積立というとある程度まとまったお金を想像しますが、楽天銀行なら例えば「年一回の旅行用」といった近い将来の貯金用にも利用できます。
通常の銀行なら面倒な手続きで「積立したいけど面倒」という見えない壁がありますが、ネット完結の楽天銀行だからできる技かもしれません。
よく500円貯金と聞きますが、1000円積立のほうがはるかに手軽で堅実ですね。

かゆい所に手が届く増額オプション

自分で指定した月だけ金額を多く積立できるオプションもあります。
ボーナス月は多めに設定したり、隔月で変更したりと自由自在の積立設定にできますので、あなたにあったプランが作成できますね。
私は奇数月だけ増額して、使えるお金のバランスを保っていますが、これが意外と効果があって、衝動買いの抑制や「きちんと検討しよう」という気持ちになれます。

楽天銀行の定期の金利は?

忘れちゃいけないのが金利ですね。リアル店舗がないので金利還元できるのがネットバンクの最大の強み!
他の銀行と比較してもトップクラスの金利設定なので、お得感は大きいですね。ただ日本の銀行金利なんて雀の涙なので誰も期待はしていないのが現状でしょうが。。。
ちょっと計算してみると「思ったよりは増えるけど少なすぎる」という印象は否めません。

預金保険の対象です

楽天銀行の定期預金は預金保険の対象ですか?答えはYESです!元本1,000万円まで。さらにその元本に対する利息が保険の対象です。
見落としがちな部分ですが、やっぱり保険の対象となっているかどうかはいざという時に安心感がありますよね。
これから先の世の中に確かな物が減ってきています。銀行だって同じです。リスク管理の一部としてポイントは高いですね。

楽天銀行のセキュリティ

セキュリティが鬱陶しいほど強い楽天銀行ですので、本人がログインしようとしても他の端末や外出先のネット回線だと「本人しか知っていない情報を入力せよ」というモードに切り替わってしまいます。
急いでいる場面では鬱陶しいですが、セキュリティという意味では頼もしいですね。
ちなみにセキュリティレベルは国家レベルだそうですので、安心はできますね。正直、国家とかピンとこないですけど。すごいってのは伝わりますね。

まとめ

どうでしょうか?楽天銀行の定期積立が便利でお得だと思いませんか?お金はあって困る物じゃありませんので「楽天銀行」で、一歩先を行く銀行サービスを体験してみては如何でしょうか?

関連トピック

公開日:2014/12/18