国保を滞納するとどうなりますか?相談せずに無断で。

medium_395880183
photo credit: Kaptain Kobold via photopin cc

国保を収めるのが困難の場合、それが金銭的な理由でも、納付に行けないといった物理的な理由でも、まずは役所の保険料係に相談しましょう。
もしも無断で国保を滞納してしまうとどうなってしまうのでしょうか?

国保を滞納すると

災害や特別な事情がある世帯を除いて、保険料を滞納した場合には以下の順序で対応されます。

  • 督促状の送付
  • 短期被保険者証の交付
  • 被保険者資格証明書の交付
  • 保険給付の差し止めと保険料への充当

滞納処分の内容は、最悪の場合預貯金や不動産など財産の差押処分が行われます。

督促状の送付

納期限をすぎるとまずは督促状が自宅に届きます。
ここで忘れてしまっているのを思い出した場合には速やかに督促状に従って納付を行いましょう。

短期被保険者証の交付

それでも、納付が行われない場合には有効期限の短い保険証が交付されることになります。

被保険者資格証明書の交付

1年以上の滞納の世帯には、保険証の返還が行われます。
被保険者の資格の証明だけが載った「被保険者資格証明書」が交付されることになります。
この証明書では医療機関での自己負担金は全額(10割)です。
滞納保険料を納付相談することをおすすめします。

保険給付の差し止めと保険料への充当

さらに滞納が続いた場合には、療養費、高額療養費および出産育児一時金などの保険給付の全部または一部を差し止めされてしまいます。
また、その給付金は滞納保険料に充当されることになります。

滞納処分

特別な事情がなく、滞納が続く世帯には上記処置とは別に、差押が行われます。
対象となるのは、預貯金・給与・不動産など、あなたの収入や財産が差押対象となります。
こうなる前に必ず役所の保険料係に相談をしておきましょう。

これは法律なので、絶対に避けられません!
こんな怖い思いは絶対にしたくないですね。

まとめ

国保の滞納はあなたにとってもメリットは本当に少なく、医療負担も増えることからかなりのデメリットとなります。
出向けない時でも集金してくれることもありますし、各期の保険料を納めるのが大変な場合でも分割などの相談に応じてくれますので、まずはなんでも相談してみることですね!

関連トピック

公開日:2014/07/16